国公立前期に全力で望んだ生徒のみなさん、また国立後期の最終調整に入っている生徒のみなさん、「この大学の研究室にはいりたい、、。」「社会に貢献する為にこの大学で研鑽を積みたい、。」「校風が大好きだから自分を活かせる。」と、目標に決めた大学。そこで試験を受けた時の気持ちは特別だったでしょう。また、これから受ける生徒さんもその気持ちを大事にして下さい。

先生がスカイプからエールをおくってくれたり、志望校まで付き添ってくれたり「楽しんできて!」と言う言葉にハッとした。入試会場までいっしょに歩きながら緊張をほどいてくれたのか、焦ったときのミス回避極意を話してくれた、この大学に入れば先生と先輩後輩になれるというモチベーションが力をくれた。風邪をひいてしまい私大を受けられず25日を迎える羽目になった時、継続して授業でき、質問も添削もすぐできるというテンポと先生との阿吽の呼吸がプラス思考(電車の乗り降りや人混みにでてこれ以上体力を使いたくなかった、精神的に静かな慣れた環境で追い込みにかけた)になった。と、前期試験後に生徒さんからの声が早くも届いてきました。

昨日から、暖かい春の陽気のところ、また低気圧で荒れているところがありますね。気温の変動から皆さん体調には気をつけて下さいね。

Comments are closed.